スポンサーサイト

  • 2018.09.04 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「しゃばけ」にハマってます(^。^)

    • 2018.08.08 Wednesday
    • 21:30
    ここ1年ハマってる畠中恵。

    去年の今頃、入院中に姉が買ってきてくれた文庫本「しゃばけ」が面白くて退院してからシリーズの11まで読みました。
    夜、寝る前に少しづつ読んでるのでなかなか進みませんが…まだ先があって楽しみです(o^^o)

    子供の頃から妖怪とか好きだったので一気にハマっちゃいました。
    他にも「まんまこと」シリーズとか面白いです(o^^o)

    東野圭吾「白夜行」

    • 2010.06.24 Thursday
    • 18:36
    評価:
    東野 圭吾
    集英社
    ¥ 1,050
    (2002-05-17)

    ず〜っと以前に買った「白夜行」をいよいよ読み始めました〜

    800ページ以上の本なので買ってからグズグズしていたらドラマ化しちゃったでしょう〜
    ドラマでも見ちゃったら800ページを読む気力がなくなっちゃって…

    先日「赤い指」を貸してくれた友達が「白夜行」を読み始めていて、読まないの〜?なんて言われたのでドラマからずいぶん経ったし、そろそろ読んでみようかな〜なんて思って。

    友達はもう400ページくらい読んでるけど私はまだ100ページくらいなので、まだ話が合わないんですけど頑張って追いつきたいと思います。

    ドラマはもうウル覚えなんですけど、話の進み方がちょっと違う気がしますね。

    まだ先は長いわ〜(^^;


    「赤い指」

    • 2010.06.23 Wednesday
    • 00:25
    評価:
    東野 圭吾
    講談社
    ¥ 580
    (2009-08-12)

    先日、会社の女の子に借りた東野圭吾の「赤い指」が読み終わりました。

    加賀恭一郎が出てくるシリーズのもので、テレビの「新参者」を見てるせいで読んでても加賀さんは阿部ちゃんになってます〜(^^;

    ストーリーはぐぐっと盛り上がってくるってわけでもありませんが、なんだかジワジワと面白かったです。

    現代の社会問題がいろいろ絡み合って…実際こんな事件って本当に起こってしまいそう…なんて思いました。



    「夢をかなえるゾウ」

    • 2008.10.26 Sunday
    • 15:34

    評価:
    水野敬也
    飛鳥新社
    ¥ 1,680
    (2007-08-11)
     テレビの連ドラで始まった「夢をかなえるゾウ」
    最初の2時間で放送したものを見て、何だか面白そう〜と思い連ドラのほうも見ていますがジワジワと原作も読んでみたいなぁ〜思っている今日この頃です。

    成功法の本は結構いろいろ読んでますが、ドラマになっちゃうのってどんな感じなのかな?と気になります。

    まぁ〜ドラマのほうは古田さんのガネーシャがかなり個性的なので…冷や汗

    今は仕事が忙しいのでお正月休みにでもじっくり読もうかしら。
    ちょっと先の話ですがひよこ

    ひかりのあめふるしま屋久島

    • 2007.07.17 Tuesday
    • 00:43
    評価:
    田口 ランディ
    幻冬舎
    ¥ 560
    (2001-08)
    ずいぶん前に読んだ本なんですけど、すごく良かったです。
    旅行とか全然しないし子供の頃はホントに田舎暮らしで都会に憧れたけど、大人になるにつれ田舎暮らしもいいなぁ〜なんて思ってしまいますね。

    海の近くに住んだことがないので「海」に憧れます。

    この本を読んだ後はホントに「屋久島行きた〜い、緑や海に囲まれて癒された〜い」って思いますよ〜♪

    キトキトの魚

    • 2007.07.13 Friday
    • 00:49
    評価:
    室井 滋
    文藝春秋
    ¥ 490
    (2002-09)
    室井滋、好きなんですよねぇ〜
    女優さんとしても好きなんですけど、トーク番組なんかに出てるとホントに話が面白いんです。
    で、買ってしまったエッセイ「キトキトの魚」と「むかつくぜ!」。
    やっぱり面白い。

    個性的です、あの面白さは天性のものでしょうね〜

    トラちゃん (集英社文庫)

    • 2007.07.08 Sunday
    • 00:55
    群ようこが好きな人、猫好きな人なら読んでるでしょう〜
    猫以外の生き物の話もいろいろで、面白いです。

    私は「金魚のよしこちゃんのはなし」が一番好きですよ。
    よしこちゃんは、その後どうなったのかしら?気になります。

    レベル7(セブン)

    • 2007.07.03 Tuesday
    • 00:51
    評価:
    宮部 みゆき
    新潮社
    ¥ 900
    (1993-09)
    宮部みゆきの「レベル7」
    確か650ページくらいあるんですよね。
    でも、面白くてどんどん読めました。
    確か、テレビドラマにもなったんですよね。

    短編ばかり読んでた私が長編の面白さに気づき始めた頃に出会った1冊。
    これで宮部みゆきにハマっちゃいました。
    背表紙の厚さに読むのを躊躇している人、読み始まったらこの厚さ全然気にならないですよ〜

    絵本クラブ

    • 2007.06.08 Friday
    • 01:01
    絵本ナビの絵本クラブ

    絵本クラブは、「幸せな時間」をコンセプトにした絵本の定期配本サービスです。

    お子さんの年齢に合わせて本の宅配をしてくれるんですって♪
    でもね、
     大人の絵本もあるんです。

    いつか絵本を作ってみたいなぁ〜なんて思ってるので、これは心惹かれるわ〜

    7月は「アンジュール」と「幸せのえほん」だって。
    なんか心が癒されそうでしょう〜
    気になる人は見てみてね。

    もちろんお子様向けの絵本もいろいろです♪




    「絶対安全剃刀」って知ってます?

    • 2007.06.02 Saturday
    • 01:04


    高野文子の「絶対安全剃刀」。

    1977年から81年に発表された17の短編をまとめたものです。
    死を迎えた少女が観音とともに「祝い」の支度をする「ふとん」。
    「ただなんとなく」自殺を図る少年を描いた表題作の「絶対安全剃刀」など、ちょっと異色名な感じの漫画。

    私は「ふとん」がとっても好きです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    フォト

    猫の温度計

    天気予報です♪


    -天気予報コム-

    Amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    心の扉を開く―聖なる日々の言葉
    心の扉を開く―聖なる日々の言葉 (JUGEMレビュー »)
    アイリーン キャディ, Eileen Caddy, 山川 紘矢, 羽成 行央, 川瀬 勝

    recommend

    recommend

    ひかりのあめふるしま屋久島
    ひかりのあめふるしま屋久島 (JUGEMレビュー »)
    田口 ランディ
    これ読んだら屋久島 に行きたくなっちゃうよ〜

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM